トヨタ・モビリティ基金 活動トピック | 中山間地域における超小型モビリティの活用について
361
post-template-default,single,single-post,postid-361,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.3,vc_responsive

2019年6月20日

中山間地域における超小型モビリティの活用について


TMFでは2016年より、中山間地域における高齢者等の移動の不便の解消に向け、愛知県豊田市足助地区、及び、岡山県美作市上山地区において活動してまいりました。


両プロジェクトにおいて、移動手段を多様化するために超小型モビリティを活用し、中山間地域の高齢者にとって使い勝手の良い車両や仕組み等についてまとめました。


愛知県豊田市足助地区では、地域住民主体で「里モビサークル」立ち上げ、お出かけ機会の創出や移動支援に活用、岡山県美作市上山地区では「超小型モビリティ」を貸与して、条件の異なる3地域ごとの利便性調査を行いました。


まだこの記事へのコメントはありません

コメントを書く