トヨタ・モビリティ基金 活動トピック | 「次世代モビリティチャレンジ」最終提案作成のための「ブートキャンプ」開催
339
post-template-default,single,single-post,postid-339,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.3,vc_responsive

2017年4月18日

「次世代モビリティチャレンジ」最終提案作成のための「ブートキャンプ」開催

 

トヨタモーターノースアメリカと、ネット・インパクトとのパートナーシップにより開催された「次世代モビリティチャレンジ」のファイナリスト3チームが、4月6日から8日までテキサス州プレイノでの最終提案作成のための「ブートキャンプ」に参加しました。

この3チームは、2017年10月から2018年2月にかけて、全米15大学で実施されたイベントの全122参加チームから選出されたファイナリストです。

トレーニングセッションでは、2日間にわたり、トヨタのメンバーがファイナリスト3チームの事業計画に対し、以下の具体的な助言を行いました。

  • 解決する課題の明確化
  • 顧客への提供価値の検討
  • 連携可能な機関の特定
  • 適切なビジネスモデルの選択
  • 90日間のアクションプランの作成

 

総合優勝チームには、TMNAでのインターンシップの機会が提供されます。更には、提出されたアイディアが、TMFの助成プロジェクトとして実現する可能性があります。

まだこの記事へのコメントはありません

コメントを書く